減額を目指すケースでは着手金はいただきません。
また、オンライン相談や来所不要での全国からご依頼も可能です。

東京弁護士法人の不倫慰謝料問題への取組み

東京弁護士法人では、不倫慰謝料問題(不倫慰謝料を請求したい方からのご依頼、不倫慰謝料を請求された方からのご依頼)に積極的に取り組んでおりますが、開設以来、一貫して不倫慰謝料問題をメインの分野として扱っており、現在、常時数十件以上の不倫慰謝料問題のご依頼をいただいている状況で、非常に多くの実績やノウハウを有していると自負しております。

東京弁護士法人の特徴・強み

①東京都内に3拠点・年間相談2000件超の相談実績
②各分野に精通した弁護士が多数在籍
③初回無料相談・複数弁護士による法律相談

④夜間即日相談・土日祝日休まず21時まで電話受付
⑤業界トップクラスと自負する詳細な料金体系

の5つが挙げられ、できる限り多くのお客様が負担なく弁護士のサービスを受けられるよう努めております。

①・②について、東京弁護士法人では、東京都内に3拠点(新宿・立川・八王子)の法律事務所を構え、多数の弁護士が在籍しておりますが、日々、所属メンバー間でノウハウを集積・共有しているため、このことによってご依頼いただいたお客様に対し質の高いリーガルサービスの提供をさせていただくことを可能としています。

また、当弁護士法人では、あえて注力する分野を数種類に絞っているため、一般的な法律事務所と比較して注力分野について遥かに多い経験とノウハウを蓄積することが可能となっております。

について、当弁護士法人では、弁護士に依頼をするか迷われている方に向けて初回無料相談を実施させていただいております(ただ、対応人員やキャパシティに限りがある関係で、ご相談の内容によっては法律相談をお受けできないケースもありますので、詳しくはお問い合わせいただければと思います)。

加えて、当弁護士法人の初回法律相談は、多角的な視点からお客様のトラブルを分析し、より正確な解決の方向性を見出すため、弁護士のスケジュールの兼ね合いもありますが、可能な限り2名以上の弁護士で法律相談を担当させていただいております。

複数弁護士による法律相談を実施している法律事務所は少ないため、非常にご好評をいただいておりますが、もし1名の弁護士による法律相談を希望される場合は遠慮なく仰っていただければと思います。

について、法律事務所は平日の18時までしか法律相談を受け付けていないところが多い関係で、お仕事をされている方などは法律相談に行けずに困っている方もいらっしゃると思います。

そのようななか、当弁護士法人では、お仕事をされているお客様などが少しでも法律相談にお越しいただきやすくなるよう、ご相談予約の電話受付時間を土日祝日も休まず21時までとさせていただき、可能な限り平日夜間・即日等にも法律相談をお受けできるよう日々努めさせていただいております。

について、当弁護士法人では、「弁護士に依頼するといくらかかるか」をある程度把握いただいたうえで初回相談にお越しいただけるよう、また、ご依頼をいただいた後に料金についてお客様にご不安を生じさせないよう、詳細かつ明確な料金体系を用意しており、当弁護士法人の料金体系の詳細さは日本の数ある法律事務所の中でもトップクラスであると自負しております。

また、当弁護士法人の料金体系では、「着手金 20万円~50万円」など幅のある料金表示は行っておらず、また、「経済的利益の〇%」など他の法律事務所様の料金体系でよく用いられている弁護士以外の方にとって分かりにくい用語は用いないようにしております。

東京弁護士法人が不倫慰謝料問題で選ばれる理由

①男女問題の相談件数1000件越、一貫して不倫慰謝料問題をメイン分野として扱ってきた経験と実績
②当弁護士法人だからできる料金体系(着手金は請求された方は無料、請求したい方は税別10万円)
③オンライン相談可・来所不要で全国から依頼可能

の3つが挙げられます。

②については、他の法律事務所様の料金体系と比較いただくとお分かりいただけるかと思いますが、不倫慰謝料問題に自信のある当弁護士法人だからこそできる料金体系となっており、特に不倫慰謝料を請求された方からのご依頼について着手金を無料にさせていただいているのは日本の数ある法律事務所においても非常に珍しいものと思います。

③については、当弁護士法人では、オンライン相談を経たうえ郵送等でのご依頼手続を承っている関係で、東京都以外にお住まいの遠方の方からも来所不要でご依頼をいただくことが可能です。
ただ、ケースによってはお住まいに近い法律事務所にご依頼をいただいた方がお客様にとってメリットが大きい場合もあり得ますので、来所不要でのご依頼を希望される方はまずはお問い合わせいただければと思います。

 

不倫慰謝料問題を弁護士に依頼するメリット

不倫(不貞)の慰謝料請求がなされる流れとしては、まず、口頭や書面による請求・交渉が行われ、交渉で解決できない場合に裁判が行われることになります。

そのため、不倫(不貞)の慰謝料を請求したい方、慰謝料を請求された方は、この流れに沿って対応をしていかなければならないことになります。

口頭や書面による交渉を弁護士に依頼した場合、ご自身で相手方に会ったり、相手方と直接連絡をとる必要がなくなり、これら全てを弁護士に代わりに行ってもらうことができます。

また、弁護士に依頼することで、相手方に対し適切な法的主張を行うことができるため、交渉をご自身に有利に展開することも可能です

さらに、弁護士に依頼した場合、裁判になったとしても弁護士が代理人として代わりに裁判を進めることができるため、ご自身で法的な言い分を記載した書面を作成する必要はなくなり、弁護士が代わりに裁判に出廷すれば足りるため、基本的に、ご自身で裁判所に出廷する必要もありません

また、相手方との交渉がまとまり、慰謝料額などを合意した場合、取り決めた内容を書面化するために示談書を作成しなければなりませんが、仮にご自身で作成するとなれば必要な事項が漏れていたりなどして、後々トラブルになってしまう可能性があります。
そのため、弁護士に適切な示談書を作成してもらうことが後のトラブル予防につながります。

交渉から裁判まで全ての段階において代理人となって対応できるのは士業の中で弁護士だけです。

そのため、不倫の慰謝料を請求したい方、慰謝料を請求された方は、まずは弁護士に相談されるとよいと思います。

 

不倫慰謝料問題を当法律事務所に依頼するメリット

弁護士や法律事務所によって取扱分野や得意分野は大きく異なりますので、不倫慰謝料問題について弁護士や法律事務所を探されている場合は、その弁護士・法律事務所が不倫慰謝料問題を取り扱っているか、得意としているかを基準に探すべきです

そして、個人のお客様向けの業務を扱っている弁護士・法律事務所において、例えば離婚問題を全く扱っていない弁護士・法律事務所は少ないと思いますし、離婚問題を多く取り扱い、得意としている弁護士・法律事務所はたくさんあるかと思います。

他方、同じ男女問題ではありますが、不倫慰謝料問題を重点的に扱い、得意としている弁護士・法律事務所は意外に多くありません

不倫慰謝料問題は離婚問題とは異なり、未だ法的な理論・理屈が定まっていない点も多く、裁判における不倫慰謝料の相場もここ数年で大きく変わりつつある状況で、不倫慰謝料問題を得意とする弁護士とそうでない弁護士では対応に大きな差が生じる可能性があります(特に最新の不倫慰謝料の相場を的確に把握している弁護士とそうでない弁護士では交渉・裁判において大きな違いが生じ得ると思います)。

この点、当弁護士法人では、開設以来、不倫慰謝料問題をメイン分野として重点的に取り扱っており、常時数十件以上の不倫慰謝料問題のご依頼を抱えておりますので、不倫慰謝料問題に関しては他に勝るとも劣らない実績・経験値を有していると自負しております。

 

東京弁護士法人では初回相談は無料とさせていただいておりますので、不倫慰謝料問題でお困りの方は、まずは当法律事務所までご相談ください。

 

TOP