盗撮事件で示談を成立させ不起訴処分になった事例

このページの目次

概要
Summary

罪名東京都迷惑防止条例違反
(現性的姿態等撮影罪)
身柄拘束の有無身柄拘束なし
(在宅事件)
ご依頼の目的示談交渉・示談成立、
不起訴処分の獲得
ご依頼の結果示談成立、
不起訴処分の獲得

ご依頼前の状況
Situation

盗撮_イメージ

ご相談者様(男性)が、駅の階段で女子高生の下着を、スマートフォンを使って盗撮したところ、盗撮が発覚し、警察で事情を聞かれたとのことでした。

その後、警察が事件を検察庁に送る直前で今後の流れや処分の見込みについて不安になり、男性が当事務所にご相談にお越しになり、そのままご依頼をいただきました。 

弁護士による代理

初回無料相談予約ダイヤル

刑事事件のご相談は初回無料!
一日でも早くご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中

※お電話での法律相談はお受けしておりません。

弁護士による代理

初回無料相談予約ダイヤル

刑事事件のご相談は初回無料!
一日でも早くご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付中!
※お電話での法律相談はお受けしておりません。

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

ご依頼の結果
Result

被害女性のご両親と示談をすることができ、不起訴処分となりました。

解決のポイント
Key point

弁護士を通して、
謝罪し真摯な反省を伝える

当初、被害女性や被害女性のご両親は、再犯防止等の観点から示談に応じる意向はなく、処分を受けるべきであるという考えを強くお持ちでした。また、検察官からも基本的には略式起訴を考えているとの連絡を受けていました。 

そこで、弁護士が被害者家族に直接お会いし、ご依頼様の直筆の謝罪文をお渡しして真摯に謝罪するとともに、医師の指導を受けていることなど再犯防止のための対策等を具体的に説明させていただきました。 

粘り強く示談交渉を行う

そうしたところ、被害女性やそのご両親も態度を軟化させ、最終的に被害者家族は男性の謝罪を受け入れ、示談を成立させることができました。

その結果、無事不起訴処分となりました。

このページの目次