不倫慰謝料の減額なら
東京弁護士法人

不倫慰謝料を重点分野として扱う事務所ですら、東京でも数えるほどしかありません。

当法人は慰謝料請求を受けた方の減額に注力し、豊富な実績とノウハウを有しております。

不倫慰謝料を重点分野として扱う事務所ですら、
東京でも数えるほどしかありません。

当法人は慰謝料請求を受けた方の減額に注力し、
豊富な実績とノウハウを有しております。


交渉解決率
85.4%


顧客満足度
95.5%

請求額300万円〜
平均減額金額
273万円

請求額500万円〜
平均減額金額

446万円

※ 2016年9月〜2021年4月のご依頼結果をもとに集計
※「顧客満足度」は、依頼終了後アンケートの5段階評価のうち「大変満足・ほぼ満足」の割合

オンライン相談に対応
来所不要で全国から依頼可能

「地元には慰謝料減額に強い弁護士が少ない」
「忙しくて相談に行けない」

上記にお悩みの方も、スマホをお持ちであれば
無料で相談でき、来所せずご契約も可能です。

弁護士が多数在籍
豊富なノウハウの蓄積

東京都内に3拠点を構え、弁護士が多数在籍。
全弁護士が不倫慰謝料問題を得意としています。

多数の弁護士間の情報交換やノウハウの蓄積は、
ご依頼の結果に繋がるものと自負しております。

弁護士サポート料金
慰謝料減額フルサポート

  • 相手との連絡は弁護士が代行!
  • 適切に主張し、交渉を有利に展開!
  • 裁判でも弁護士が書面作成・出廷!
  • 示談書作成でトラブルを防止!

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中
※お電話での法律相談はお受けしておりません。

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付中!
※お電話での法律相談はお受けしておりません。

メールでご予約

LINEでご予約

不倫の慰謝料について知る
KNOWLEDGE

不倫の慰謝料の相場はどれくらい?

慰謝料相場は被害者夫婦が「離婚した(する)かどうか」で変わることが多いです。

夫婦が離婚した(離婚する)場合の慰謝料相場は100~200万円程度。
離婚しない場合の慰謝料相場は、50~150万円程度です。

その他、支払う側の資力や、不倫の悪質さなどが影響を与えることがありますので、解説します。

慰謝料請求の通知書が届いた。

通知書・内容証明郵便を受け取った場合に、やってはいけないことは主に次の3つです。

  • 言われたままの金額ですぐに支払うこと
  • 通知書を無視すること
  • 通知書に記載されている弁護士に焦って電話をすること

そもそも慰謝料を払う義務があるかを確認し、慰謝料の金額が相場に照らして高額すぎないか確認し、弁護士に交渉を依頼するなどの対応が必要です。

「回答期限」が設定されているケースが多数です。

返事をせずに放っておくと訴訟を起こされる可能性もあるので、受け取ったらすぐにご相談ください。

弁護士をつけるメリットは?

交渉において:

やり取りの全てを弁護士が代わりに行うことになるため、ご自身で相手方と接触する必要がなくなるほか、冷静な話し合いがしやすく、適切な法的主張ができます。

示談書作成において:

慰謝料額や支払期限などについて合意ができた場合、法律のプロである弁護士が示談書を作成することになりますので、後にトラブルも防止しやすくなります。

裁判において:

代理人として裁判を進めるため、ご自身で法的な言い分を記載した書面を作成する手間はかかりません。

また、基本的に、ご自身で裁判所に出廷する必要もなくなります。

不倫慰謝料請求の時効はいつまで?

「慰謝料の時効」を主張して支払いを断れる可能性があるので、安易に支払いに応じるべきではありません。

時効が成立する要件は下記のとおりです。

不倫の事実と不倫相手を知ってから3年間

「時効を援用します」と伝えれば足りますが、確実な証拠を残すには「内容証明郵便」を用いるのが良いでしょう。

時効の「更新」に要注意

債務者が債務を認めたり、裁判が確定したりすると、時効期間は3年から5年となり、長くなるので注意が必要です。

相手の夫婦関係が元々悪かった

「ウチの夫婦はもう何年も家庭内別居で口もきいていないんだ」
「子供が高校を卒業したら、すぐに離婚する予定だよ」
「相手も不倫しているみたいだし、仮面夫婦みたいなもんだよ」

相手夫婦の夫婦関係が既に破綻しているという話を聞いて、それであれば夫婦関係を壊すことにはならないと思い、つい不倫に至ってしまうケースもありますが、このような場合、法的には、慰謝料は支払わなくてもよいのでしょうか。

相手が既婚者と知らなかった

既婚者と知らなかった場合のうち、故意過失が無かった場合には、慰謝料を払わなくてよい可能性が高まります。

払わなくてよいケースであっても、相手の配偶者が強硬な場合には訴訟を起こされる可能性もあります。

また、自分たちで話し合うとトラブルが大きくなってしまうので、弁護士に対応を依頼しましょう。

故意や過失が認められる/認められないケースについて詳細に解説します。

慰謝料請求はどんな流れで進む?

STEP

慰謝料を請求される

ご自身
で対応
  • 自分で返事や反論を考えなければならないので手間と時間をとられる
  • 慰謝料請求を無視してしまい、相手から訴訟を起こされるリスクが高くなる
  • 相手から脅迫や名誉毀損などの迷惑行為をされたときに適切に防止できず、被害が大きくなりやすい
弁護士
に依頼
  • 法的な観点からアドバイスを受けられ、適切に反論できる
  • 自分で対応する時間や手間をとられずに済む
  • 相手の請求を無視せずに対応できるので、いきなり訴訟定期や差し押さえをされないで済む
  • 相手による脅迫や名誉毀損などの迷惑行為を阻止できる
+当法人に依頼
  • 不倫慰謝料の減額に精通した弁護士が相談に対応するため、より適切なアドバイスが得られる可能性が高い
  • オンラインでも相談・依頼ができるため、何度も法律事務所に通う労力と時間が省ける
STEP

相手方と交渉

ご自身
で対応
  • 本来ならできるはずの反論ができないので、支払う必要のない高額な慰謝料を支払う結果となる可能性がある
  • お互いに感情的になって交渉が進みにくい、トラブルが長引いてしまう傾向がある
  • 精神的なストレスが非常に大きく、仕事に支障が生じたり心身に不調が現れたりするリスクが高まる
弁護士
に依頼
  • 弁護士が法的な観点から適切に反論しながら交渉を行うため、慰謝料を減額できる可能性がある
  • 一括払いできない場合、支払い可能な範囲で現実的な分割払いを設定してもらえる
  • 専門家が入ることで円滑に交渉を進められる
  • 精神的ストレスを最小限にできる
+当法人に依頼
  • 不倫慰謝料の減額に精通した弁護士が金額や条件に関して交渉を行うため、より大幅に減額ができたり、好条件での合意となる可能性がある
STEP

相手方と裁判

ご自身
で対応
  • 自分で裁判をすると適切な対応が難しい。特に相手に弁護士がついていると圧倒的に不利になり、高額な慰謝料の支払い命令が出てしまうケースが多い
  • 裁判に多大な労力と時間をとられてしまう
弁護士
に依頼
  • 弁護士に裁判を全面的に任せられるので、ほとんど裁判所にも行かなくて済み労力がほとんどかからない
  • 弁護士が適切に反論してくれるので、慰謝料を大きく減額できるケースがある
  • 弁護士と裁判官が協同で和解を進めてくれるので、判決を待たずにスピーディに訴訟を終わらせられるケースも多い
+当法人に依頼
  • 裁判進行中の細かな相談もオンラインでの対応が可能であるため、状況に応じて対応の検討ができる
STEP

結果

ご自身
で対応
  • 本来の慰謝料相場より過大な金額を払わねばならない可能性がある
  • 訴訟を放置して判決で支払い命令が下され、給料や預貯金等を差し押さえられるおそれがある
弁護士
に依頼
  • 支払額を慰謝料の相場以下に抑えられるケースが多い
  • こちらに資力がない場合、相場よりも減額したり、場合によっては免除してもらえたりする
  • 差し押さえを受けるリスクが下がる
+当法人に依頼
  • 不倫慰謝料の減額に精通した弁護士が金額や条件に関して交渉を行うため、より大幅に減額ができたり、好条件での合意となる可能性がある
STEP

費用

ご自身で対応
  • 費用はかからないが、高額な慰謝料の支払いが必要になって結果的に出費額が大きくなる可能性がある
弁護士
に依頼
  • 着手金を支払うことが殆どであるため、慰謝料が減額できなかった場合に費用倒れとなる
  • 弁護士費用がかかるが、弁護士費用以上に大幅に慰謝料を減額してもらえるケースが多いので、結果的には得になりやすい
+当法人に依頼
  • 着手金無料(成功報酬制)であるため、費用倒れとなる可能性がきわめて低い
  • 慰謝料減額に精通した弁護士が交渉を行うため、減額幅が大きくなる可能性があり、より得になりやすい

東京弁護士法人のご紹介
ABOUT

不倫慰謝料問題に注力

東京都内に3拠点(立川・八王子・新宿)を構える弁護士法人です。

開設以来、一貫して不倫慰謝料問題をメインとして扱っており、中でも慰謝料を請求された方のご依頼が多く、減額成功の豊富な実績を有しております。

多数の弁護士間の密な情報交換やノウハウの蓄積は、ご依頼の結果にも繋がるものと自負しております。

立川法律事務所

東京都立川市曙町2-38-5
立川ビジネスセンタービル4階

アクセス

JR立川駅北口徒歩3分
多摩モノレール立川北駅徒歩2分

八王子法律事務所

東京都八王子市旭町11-8
アクセスビル9階

アクセス

JR八王子駅北口徒歩1分
京王線京王八王子駅徒歩4分

新宿東口法律事務所

東京都新宿区新宿2-5-12
FORECAST新宿AVENUE 6階

アクセス

JR新宿駅東口徒歩7分
新宿三丁目駅徒歩3分 

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中
※お電話での法律相談はお受けしておりません。

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付中!
※お電話での法律相談はお受けしておりません。

メールでご予約

LINEでご予約