日記や手帳の記載は不倫・不貞の証拠として有効?

「不貞」とは、配偶者の一方が、配偶者以外の人と性的関係を結ぶことを意味すると考えられています。

そのため、単に仲が良さそうなSNSでのやりとりや写真のみでは、証拠としては不十分となってしまいます。

この点、SNSでのやりとりや探偵の調査報告書など、不貞の証拠になり得るものが多数存在しますが、今回は、日記や手帳が、「不貞」の証拠として有効かなどについて解説いたします。

タップした項目にジャンプします

日記や手帳は証拠になり得るか

日記や手帳などは、本人が主観的に作成したものです。

そのため、裁判などにおいて、証拠として提出すること自体ができないのではないかとお考えの方もいらっしゃいます。

しかし、裁判において、日記や手帳を「不貞」の証拠として提出することも可能となります。

もっとも、日記や手帳は、本人が主観的に作成したものである上、後から追記や修正を行うことができるものです。

日記や手帳の証拠としての信用性や、日記や手帳に記載のある内容から、「不貞」を証明することができるか否かという点が問題となり得ます。

この点、実際の裁判においては、後から書き加えられた形跡があることや、証拠として提出された頁のみ記載があるなど、日記全体の体裁が不自然であることなどを理由に、証拠として提出された日記について信用性が認められないと判断されるケースもあります。

証拠としての信用性を判断するポイント

以上の通り、日記や手帳の証拠としての信用性が問題なり得ますが、信用性の判断においては、以下の点などがポイントとなります。

  • 日付や場所が明確に記載されているか
  • 不定期ではなく、定期的に記載されているか
  • 日記や手帳全体の一部分のみ記載があるなど不自然な体裁となっているか
  • 後から頁を入れ替えたり、追記や修正を行うことが可能か
    (携帯やパソコン上のデータや、取り外すことが可能な手帳や日記など)
  • 鉛筆やシャーペンなど、追記や修正が可能な形で記載されているか
  • 日記や手帳の記載内容から、性的関係を推認することができるか

証拠の有効性等については、
弁護士にご相談を

以上のとおり、「不貞」を証明する上で、日記や手帳も証拠になり得ますが、日記や手帳の証拠としての信用性や、日記や手帳に記載のある内容から、「不貞」を証明することができるか否かが問題になります。

「不貞が疑われる日記や手帳が存在するが、これを証拠に慰謝料を請求できるか?」

「日記や手帳を証拠に慰謝料を請求するといわれているが、応じなければならない?」

など、ご自身でのご判断が難しい場合には、一度、当事務所までご相談いただければと思います。


料金体系
FEE

ご相談は無料です

来所相談・オンライン相談を問わず、初回のご相談料は頂きません。

「減額できるかどうか分からない」
「今後どうなるか知りたい」
とご不安な方も、お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付

メールでご予約

LINEでご予約

ご依頼いただいた場合の費用
慰謝料減額フルサポート

相談料

着手金

成功報酬

減額分の28%
(税込30.8%)

  • 相手との連絡は全て弁護士に代行!
  • 適切な主張を行い、交渉を有利に展開!
  • 裁判でも弁護士が書面作成・出廷!
  • 示談書作成で後々のトラブル防止にも!

交渉での解決
85.4%

顧客満足度
95.5%

請求額300万円〜
平均減額金額

273万円

請求額500万円〜
平均減額金額

446万円

タップした項目にジャンプします