「慰謝料は請求しない」と言ったのに請求された。払う必要はある?

不倫で「慰謝料は請求しない」と言われたのに請求された。
慰謝料を払う必要はある?

一旦は「慰謝料は請求しない」「許す」と言われたのに、その後相手の気が変わって慰謝料を請求されたら払わないといけないのでしょうか?

今回は、不倫で一度許されたのに、後から慰謝料を請求された場合の支払義務や対処方法をお伝えします。

タップした項目にジャンプします

口頭で「請求しない」と言われた

口頭の意思表示も有効

離婚_話し合い

「慰謝料を請求しない」という言葉は慰謝料請求権の放棄であり、相手はその後に慰謝料請求できなくなります。

また、法律では「口頭の意思表示」も有効とされています。

メールや合意書などの書面で慰謝料請求権を放棄された場合に限らず、相手が口頭で「請求しない」といった場合でも相手は慰謝料を請求できなくなるのが原則です。

許す=慰謝料請求権の放棄

「許す」という場合「もはや慰謝料を請求しない」という意味合いが含まれています。

そうすると、「慰謝料を請求しない」という言葉は慰謝料請求権の放棄であり、相手はその後に慰謝料請求できなくなります。


証拠・書面が無い場合

書面やメール、LINEなどの何らかの証拠がない場合、相手が「慰謝料を請求しない」と言った事実を証明できません。

相手が「そんなことは言っていない」と主張すると、慰謝料請求権の放棄があったことを証明できず前提にはできないでしょう。

裁判をしても証拠がないことは認められません。

実際には書面やLINE、メールなどの何らかの証拠がない限り、いったん「許す」と言われた事実については反故にされても致し方なくなる可能性があります。

しかし、証拠がない場合でも、慰謝料の減額交渉をすべきです。


書面やメールなどの証拠がある場合

不倫慰謝料_証拠LINE

相手が「許す」「慰謝料は請求しない」と書面やLINEなどの証拠の残る方法で表現した場合、そういったものが証拠になります。

後から相手の気が変わって慰謝料請求をされても、すでに慰謝料請求権は放棄されているとして断れる可能性が濃厚です。

ただし、自分で「慰謝料請求権が放棄されています」と伝えても、相手は納得しにくいでしょう。
対応は弁護士に依頼するようおすすめします。


相手の気が変わって
慰謝料を請求された時の対処方法

不倫(不貞行為)の慰謝料請求

相手がいったんは許すと言ったにも関わらず慰謝料請求をしてきた場合、書面などの証拠があればはっきり支払いを断りましょう。

証拠がない場合でも、慰謝料の減額交渉をすべきです。

相手が一度は「不倫慰謝料を請求しない」という場合、相手夫婦の関係が破綻していない可能性が高いからです。

その場合、慰謝料の金額は100万円以下が相場になります。
相手の請求額が過大であれば相場までは落とすべきと考えられます。

他の理由でさらに減額できる可能性も

こちらの支払い能力次第では、さらに慰謝料を減額できる可能性もあります。

ただし自分で減額交渉をしてもスムーズに進みにくい事例が多いので、交渉は弁護士へ依頼しましょう。

東京弁護士法人では不倫慰謝料請求をされた方へ積極的にサポートしています。

いったん「許す」と言われたのに相手の態度が変わって混乱されている方は、これ以上トラブルが拡大する前に、お早めにご相談ください。


料金体系
FEE

ご相談は無料です

来所相談・オンライン相談を問わず、初回のご相談料は頂きません。

「減額できるかどうか分からない」
「今後どうなるか知りたい」
とご不安な方も、お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付

メールでご予約

LINEでご予約

ご依頼いただいた場合の費用
慰謝料減額フルサポート

相談料

着手金

成功報酬

減額分の28%
(税込30.8%)

  • 相手との連絡は全て弁護士に代行!
  • 適切な主張を行い、交渉を有利に展開!
  • 裁判でも弁護士が書面作成・出廷!
  • 示談書作成で後々のトラブル防止にも!

交渉での解決
85.4%

顧客満足度
95.5%

請求額300万円〜
平均減額金額

273万円

請求額500万円〜
平均減額金額

446万円

タップした項目にジャンプします