不倫・浮気調査や尾行は違法?探偵の調査報告書は有効なのか?

不倫相手の配偶者に不倫の証拠として探偵の調査報告書があることを告げられ、不倫慰謝料を請求されるケースがあります。

そうしたときに、そもそも探偵の調査報告書は法的に有効なのか、尾行をして写真を撮る行為は違法ではないのかと疑問を持たれる方もいらっします。

このページでは、不倫・浮気調査や尾行は違法か、探偵の調査報告書は法的に有効かについて解説します。

タップした項目にジャンプします

浮気調査で一般人が尾行するのは違法か

離婚裁判

尾行などのつきまとい行為は、ストーカー規制法(ストーカー行為等の規制等に関する法律)によって規制されています。

ストーカー規制法によって規制されるつきまとい行為とは、特定の誰かに対する恋愛感情や、その他の好意感情が満たされなかったことに対する恨みの感情を満たす目的を有する行為を意味します。

尾行だけでなく、待ち伏せをしたり、住居等の付近で見張りをする行為もつきまとい行為に該当します(ストーカー行為等の規制等に関する法律第2条号)。 

そのため、一般の方が尾行する行為も、その目的が、特定の誰かに対する恋愛感情や、その他の好意感情が満たされなかったことに対する恨みの感情を満たすことにある場合は、ストーカー規制法に抵触してしまう可能性があります。  


浮気調査で探偵が尾行するのは違法か

一方、探偵は、特定の誰かに対する恋愛感情や好意感情が満たされなかったことを理由に尾行をしているわけではないため、原則として探偵の尾行はストーカー規制法に抵触しません。

なお、探偵業法という法律によっても、探偵が業務として尾行を行うことが認められています。 

もっとも、依頼者の目的が、犯罪を助長することや、特定の誰かに対する恋愛感情や好意感情が満たされなかったことへの恨みを晴らすことにあると判明した場合には、探偵として尾行の依頼を引き受けることはできません。 

また、探偵といえども、許可なく他人の敷地や自宅等に侵入した場合は犯罪となります(刑法第130条)。


探偵の調査報告書は有効か

不倫(不貞行為)の慰謝料請求

以上の通り、原則として、探偵の尾行はストーカー規制法に抵触しないため、探偵が調査した結果をまとめた報告書は裁判などにおける有効な証拠になり得ます。 

もっとも、裁判において不貞行為を証明できる証拠とは、尾行の調査対象者と浮気相手の間に肉体関係があることを証明できる証拠になります。

そのため、探偵の調査報告書が全て裁判において効果的な証拠になるとは限りません。 

  • 写真や動画が不鮮明なことなどにより調査対象者が特定できない場合
  • 写真や動画の撮影時期が不明である場合
  • ラブホテルや自宅に入った瞬間を撮影しただけの場合

など、内容によっては、探偵の調査報告書が裁判において効果的な証拠にならない可能性もあります。 

証拠や調査報告書については
弁護士にご相談を

以上のとおり、不貞相手の配偶者より、探偵の調査報告書が存在するなどとして、慰謝料を請求された場合には、その調査報告書が裁判において効果的な証拠になり得るかが重要になります。

不貞相手の配偶者より、探偵の調査報告書が存在するなどとして、慰謝料を請求された場合には、一度、当事務所までご相談をいただければと思います。


料金体系
FEE

ご相談は無料です

来所相談・オンライン相談を問わず、初回のご相談料は頂きません。

「減額できるかどうか分からない」
「今後どうなるか知りたい」
とご不安な方も、お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00
土日祝も休まず受付中

メールで
ご相談予約

LINEで
ご相談予約

初回無料相談予約ダイヤル

慰謝料減額のご相談は初回無料!
まずはお気軽にご相談ください。

受付時間 9:00〜21:00 土日祝も休まず受付

メールでご予約

LINEでご予約

ご依頼いただいた場合の費用
慰謝料減額フルサポート

相談料

着手金

成功報酬

25%(税込27.5%)

  • 相手との連絡は全て弁護士に代行!
  • 適切な主張を行い、交渉を有利に展開!
  • 裁判でも弁護士が書面作成・出廷!
  • 示談書作成で後々のトラブル防止にも!

交渉での解決
85.4%

顧客満足度
95.5%

請求額300万円〜
平均減額金額

273万円

請求額500万円〜
平均減額金額

446万円

タップした項目にジャンプします