一貫して相続問題をメインの分野として扱っており、
非常に多くの実績やノウハウを有していると自負しております。

東京弁護士法人の相続問題への取組み

東京弁護士法人では、遺産分割(寄与分・特別受益や遺産の使い込みの問題、遺言無効確認訴訟など)、遺留分といった相続トラブル全般と遺言作成・遺言執行などの遺言に関する業務全般を取り扱っております。

当弁護士法人では、開設以来、一貫して相続問題をメインの分野として扱っており、現在、常時数十件程度の相続問題のご依頼をいただいている状況で、非常に多くの実績やノウハウを有していると自負しております。

東京弁護士法人の特徴・強み

①東京都内に3拠点・年間相談2000件超の相談実績
②各分野に精通した弁護士が多数在籍
③初回無料相談・複数弁護士による法律相談

④夜間即日相談・土日祝日休まず21時まで電話受付
⑤業界トップクラスと自負する詳細な料金体系

の5つが挙げられ、できる限り多くのお客様が負担なく弁護士のサービスを受けられるよう日々努めております。

①・②について、東京弁護士法人では、東京都内に3拠点(新宿・立川・八王子)の法律事務所を構え、多数の弁護士が在籍しておりますが、日々、所属メンバー間でノウハウを集積・共有しているため、これによりご依頼いただいたお客様に対し質の高いリーガルサービスの提供をさせていただくことが可能になっております。
また、当弁護士法人では、あえて注力する分野を数種類に絞っておりますので、一般的な法律事務所と比較して注力分野について遥かに多い経験とノウハウを蓄積することができています。

について、当弁護士法人では、弁護士に依頼をするか迷っている方のために初回無料相談を実施させていただいております(ただ、対応人員やキャパシティに限りがある関係で、ご相談の内容によっては法律相談をお受けできないケースもありますので、詳しくはお問い合わせいただければと思います)。
加えて、当弁護士法人の初回法律相談は、多角的な視点からお客様のトラブルを分析し、より正確な解決の方向性を見出すため、弁護士のスケジュールの兼ね合いもありますが、可能な限り2名以上の弁護士で法律相談を担当させていただいております。
複数弁護士による法律相談を実施している法律事務所は少なく、非常にご好評をいただいておりますが、もし1名の弁護士による法律相談を希望される場合は遠慮なく仰っていただければと思います。

について、法律事務所は平日の18時までしか法律相談を受け付けていないところが多いため、お仕事をされている方などにおいては、法律相談に行けずに困っている方もいらっしゃると思いますが、当弁護士法人では、お仕事をされているお客様などが少しでもお越しいただきやすくなるよう、ご相談予約の電話受付時間を土日祝日も休まず21時までとさせていただき、可能な限り平日夜間・即日等にも法律相談をお受けできるよう日々努めさせていただいております。

について、当弁護士法人では、「弁護士に依頼するといくらかかるか」をある程度把握いただいたうえで初回相談にお越しいただけるよう、また、ご依頼をいただいた後にお客様との間で料金についてトラブルが生じないよう、詳細かつ明確な料金体系を用意しており、当弁護士法人の料金体系の詳細さは日本の数ある法律事務所の中でもトップクラスであると自負しております。
また、当弁護士法人の料金体系では、「着手金 20万円~50万円」など幅のある料金表示は行わないようにしており、また、「経済的利益の〇%」など他の法律事務所様の料金体系でよく用いられている弁護士以外の方にとって分かりにくい用語は用いないようにしております。

東京弁護士法人が相続問題で選ばれる理由

①開設以来、一貫してメインの分野として相続を扱ってきた経験と実績
②税理士事務所様や司法書士事務所様と連携し、相続問題のフルサポートを実現
③相続調査プランや相続後手続プランを用意し、幅広いニーズに対応

の3つが挙げられます。

特に、の相続調査プラン・相続後手続プランについては、相続調査や相続後の手続について独立したプランを設けてサポートを行っている法律事務所は少なく、相続に特化した当弁護士法人ならではのプランといえるかと思います。

例えば、一般的な法律事務所では、相続調査のプランを設けていない関係で、どの程度の遺産があるかといった調査などを行う前に遺産分割等を弁護士に依頼するか決めなければならないこともあるなか、当弁護士法人では相続調査のプランを独立して設けているため、相続調査を行ったうえで依頼の方針を決めることができます。

また、一般的な法律事務所では、相続後の手続のプランを設けておらず、例えば、遺産分割のご依頼については遺産分割の話し合いが終わった時点でご依頼が終了となり、その後の預貯金等の解約手続などはご依頼者様がご自身で行わなければならなくなることもあるなか、当弁護士法人では相続後手続のプランを独立して設けている関係で、遺産分割後などに行わなければならない各手続についても弁護士で一括対応させていただくことが可能です。

 

遺産分割を弁護士に依頼するメリット

「遺産分割は話し合いでできるのだから、あえて弁護士に依頼する必要はないのでは?」

このようなご質問をいただくこともありますが、遺産分割を弁護士に依頼するメリットとしては、大きく以下の4つがあります。

①話し合いを続けるストレスから解放される

例えば遺産が預金のみであれば法律で定められた相続分に従って相続人間で分ければ足りるため、遺産分割で揉めるということは多くないと思いますが、仮に遺産の中に不動産が含まれている場合には、不動産を物理的に割って分けることはできないため、基本的には、相続人の1人が不動産を取得するか、不動産を売却して売却金額を相続人間で分けるかのどちらかになり、このようなケースだと不動産を売りたいという人と売りたくないという人が生じるなどして相続人間で話し合いがまとまらないこともよくあります。

そして、親族間の仲があまり良くない場合には、いつまでも話し合いがまとまらなかったり、まともに話し合いすらできなくなることもあって、このようななかで話し合いを続けていくのは大きなストレスになります。

この点、遺産分割を弁護士に依頼した場合であれば、弁護士が依頼者の方に代わって親族との間で遺産分割の交渉を行うことができますので、依頼者の方としては親族と直接話をする必要はなく、顔を合わさずに遺産分割を終えることもできます

また、親族でない第三者である弁護士が遺産分割の話し合いに参加することによって、話し合いがスムーズに進むということもあります

②有利な条件を獲得できる

遺産分割の話し合いを行うとき、例えば「特別受益」や「寄与分」といった法律で定まっているルールを踏まえて話し合いを行わなければなりませんので、遺産分割に関する法律のルールについてよく知らないまま話し合いを進めると、いつの間にか自分が不利な状況に陥っていることもあります。

この点、遺産分割を弁護士に依頼した場合であれば、依頼者の方が有利になり得る法的理屈を漏れなく主張することができますので、依頼者の方として法律のルールを適切に用いて有利な条件を獲得することが可能になります

③遺産分割が終了するまで全ての段階でサポートを受けられる

遺産分割は、まずは協議(話し合い)を行い、仮に協議がまとまらなければ調停(裁判所での話し合い)という手続を行い、調停でも話し合いがまとまらなければ審判(裁判のような手続)という手続にて決着をつけるという流れで進んでいきます。

この点、下記の表をご覧いただければと思いますが、依頼者の方に代わって話し合いを進めることや依頼者の方の代わりに遺産分割調停・審判に出席することは、法律上、弁護士だけが行えることになっておりますので、遺産分割において専門家のサポートを受けるのであれば全ての段階でサポートできる弁護士に依頼すべきといえます。

項目 弁護士 司法書士 行政書士 税理士
相続調査
遺産分割協議書作成
遺産分割協議で代理人として交渉 × × ×
遺産分割調停 × × ×
遺産分割審判 × × ×
相続登記 × ×
相続税申告 × × ×

④遺産分割後のトラブルを予防できる

仮に遺産分割の話し合いがまとまったとしても、合意した内容を書面に残しておかなければ、後で「言った、言わない」といったトラブルに発展するおそれがあるため、通常、相続人間で合意した条件や内容を遺産分割協議書という契約書に残し書面化することが必要になります。

ただ、ご自身で遺産分割協議書を作成することは簡単ではありませんし、仮にご自身で何とか遺産分割協議書を作成できたとしても、その内容に不備があった場合には、せっかく作った遺産分割協議書が意味のないものになってしまう可能性もあります。

この点、遺産分割を弁護士に依頼した場合であれば、内容に不備のない遺産分割協議書を作成できますので、遺産分割が終わった後にトラブルに発展する事態を防ぐことが可能です

 

相続・遺産分割問題について

日本では少子高齢化が進んでおり、高齢者の割合は増え続けているため、相続・遺産分割問題の件数も増加しています。

相続の発生件数については、20年前は年間で約90万件ほどでしたが、現在は約130万件ほどになっており、この20年間で1.5倍近くまで増加しています。

このような相続件数の増加に伴い、相続に関する揉め事やトラブルも増えており、家庭裁判所への相続についての相談件数は10年ほど前は年間約10万件程度であったのに対し、現在は年間20万件弱という数になっており、2倍近くにまで増えています。

そして、日本では今後も高齢化社会は続いていくと思われますので、相続・遺産分割に関するトラブルは増え続けていくものと思われます。

 

相続・遺産分割問題解決のポイント

当弁護士法人は東京3拠点に法律事務所を構えており、日々、東京全域から相続・遺産分割問題について多くのご相談をいただいておりますが、相続・遺産分割問題を解決するうえで非常に厄介なのは遺産の分け方に明確なルールがない点です。

例えば、お金を貸した相手に貸したお金を返すよう請求する場合には、どのような条件を満たせばお金を返せという請求が認められるか民法によって定められておりますので、お金を返すべきか、それとも返さなくてよいかという結論を民法によって導くことができます。

また、犯罪を行ったことを疑われて刑事裁判にかけられたケースであれば、どのような行為をすれば犯罪になるかが刑法によって定められておりますので、犯罪になるか、それとも犯罪にならないかという結論を刑法によって導くことができます。

しかし、遺産の分け方については詳細なルールを定めた法律が存在せず、民法で各相続人がどのような割合で遺産を受け取れるかということが定められているのみで、具体的にどの財産を誰が取得すべきかという明確なルールは何も記載されておりません。

そのため、遺産分割は、相続人間で話し合って自由に遺産の分け方を決めてよいということになっており、そういう事情もあって、各相続人が自らの要求を好き勝手に述べるということもよくあります。

 

このような状況において相続問題を上手く解決するポイントは、「譲り合い」にあると考えます。

譲り合いと聞くと、「弁護士の割に弱腰なんじゃないか」と考える方もいらっしゃるかと思いますが、相続問題については明確かつ詳細なルールがないため、相続人全員が一歩も譲らないでいると、相続問題がいつまで経っても解決しないことがあり得ます。

そのため、弁護士が交渉を行う場合であっても、譲り合いをすることがとても大切です。

ただ、もちろん譲り合いといっても、相手の要求を全て受け入れて譲歩するということではありません。

こちらとして譲歩できそうなところはないか、こちらで譲歩する代わりに相手に譲歩してもらえそうな点は何かを考え、お互いの妥協点を探るということです。

こちらで一歩譲る代わりに相手にも一歩譲ってもらう、この作業を繰り返すことで徐々にお互いで納得できるような解決策が見つかることもあります。

弁護士は訴訟等で日々戦うことに慣れ過ぎているところもあるため、このような譲り合いの姿勢をつい忘れがちになりますが、相続問題を早期に解決するにはこのような姿勢で交渉に臨むことも重要であると考えています。

 

相続・遺産分割問題で悩まれている方のなかで、法律事務所に相談に行くのは気が重い、どうしても気が進まないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、東京弁護士法人では初回無料相談も実施しておりますので、遺産分割や遺留分などの相続問題でお悩みの方、遺言作成を検討している方は、当弁護士法人までお気軽にご相談いただければと思います。

 

TOP